趣味と実益を兼ねた夜な夜なミシン生活を満喫中

私はミシンでのお裁縫を趣味としています。
妊娠中に手持ち無沙汰だったときに、生まれてくる子供用にとスタイをハンドメイドで用意した事がきっかけです。
スタイだけに留まらず、帽子やロンパース、布おむつ等など、帰省先の実家のミシンを借りてひたすら作っていました。
ミシンは高校性のときの家庭科で触った程度だったのですが、自分の手でモノが作られていく喜びが癖になりました。
そこで出産後、自宅に帰ってからミシンを購入しました。
小物から始めた裁縫ですが、段々と作るものが細かく、そして多くなりました。
今では子供たちの洋服は殆ど全てハンドメイドで生活するまでになりました。
Tシャツ、ズボン、アウター、鞄類と、肌着と靴下以外は私のハンドメイドで補っています。
今では子供が布を選び、これで何かを作って欲しい、と具体的にリクエストをくれるので、とてもやりがいがあります。
何か布物が必要な折には、自分で作れないかな?と考えるようになり、趣味と実益を兼ねた楽しい裁縫生活を送っています。